INTERVIEW

PLANNING / MARKETING

小林 隼大

2017年度 新卒入社

ECマーケティング事業部 リーダー

9ヶ月のインターンシップを経て2017年に新卒入社し、EC事業部に配属。インターン時代にはEC事業の上流から下流まで全てに携わり、入社後はマーケティング部門に注力。2年目には新規顧客のプロモーション領域を任され、赤字だった事業部を黒字転換。

”人生最大の決断”
安定志向だった地方学生が、東京のベンチャー企業に入社。

北海道生まれ、北海道育ちの生粋の道産子。将来を考えた時に「折角なら自分の知らない環境でチャレンジしたい!」と周囲の反対を押し切り、上京を決めました。元々チャレンジ精神が強く自分で事業を回せる力をつけたいと思っていたので、「創業者と近くで仕事ができる規模」「裁量の多さ」「人と環境」の3軸で会社を見ていました。その中で、代表の小方の「社員の人生を本当に大事に思う姿勢」に惹かれ、
他の社員と話していてもその文化が根付いているのを感じ、この会社で働きたいと強く思って入社を決意しました。現在はプロモーション領域全般を担当しており、お客様に商品を認知・購入してもらう為の施策立案や商品企画を行なっています。

自分の頑張りや苦労が初めて「ありがとう」という声に繋がった瞬間が忘れられない

自分たちの事業は商品をお客様に購入していただき、ファンとなって継続してご購入いただくことでスケールしていきます。その中でお客様に商品を認知・購入いただくことが自分の役割。いうなれば、自分が数字を作れないとチームの数字にダイレクトにヒットする、そんな立場を任されています。だからこそ数字への責任感は常に強く持ち業務を行なっています。商品が会話の話題になっていたときや、お客様から「ありがとう」の言葉をいただいたときの充足感が忘れられず、何よりも自分のモチベーションとなっています。だからこそどれだけ良い商品でもお客様の手に届く機会がないと意味がないので、1人でも多くの方に届けることが自分の使命です。

”きれいごと”で終わらせないために、
もっともっと今の事業を大きくしていきたい

まず成し遂げたい目標は、事業部をひとり立ちさせること。そしてその次のフェーズとして、今携わっている事業を”世間から認められる事業にすること”を目標としています。いまの事業部は市場や業界から見るとまだまだちっぽけです。どれだけ素晴らしい想いやプロダクト、サービスがあってもそもそも必要な人に届けられる規模感や市場シェアがないと与えられる影響は知れているからです。それを成し遂げるには、お互いの力をプラスアルファできるようなチームの力が必要不可欠です。そのために個人としては「小林がいるチームは強い」と言われるようになりたいです。まだまだ自分自身に足りない部分が多いので、学び経験を積み成長していきます!

ENTRY この人と一緒に働きたい!

成し遂げたいことがある、カッコいい人になりたいなど動機は人によって様々。バレットグループには「1人の人間として」「ビジネスパーソンとして」圧倒的に成長できる環境があります。皆さんと一緒に働けることを心待ちにしています!

OTHER STAFF 他の社員インタビューを見る