INTERVIEW

ICT ENGINEER

諫山 七海

2018年度 新卒入社

ICTソリューション事業部 エンジニア

2018年エンジニア新卒1期生として入社。入社後より、大手通信会社に常駐勤務。業務効率化システムの開発に携わりながら、内定者インターンシップの企画・監督を務める。新卒採用イベントの企画、運営にも携わっており採用活動にも注力。

新卒でも挑戦できる環境と、経営層との距離の近さが、”必要とされる人材”になるための基盤に。

大学3年の夏から就職活動をし、様々な企業のインターンに参加しました。インターンを通じ「組織の力ではなく、個人の力で社会に必要とされる人間が求められる」と感じ、「経営層との距離の近さ」と「価値を生み出すこと」の2つが必要とされる人間には大切なんだと気が付きました。バレットグループは同じ規模感の企業よりも圧倒的に経営層と距離が近く、経営層のマインドが直に伝わってきやすい。自分で経験を積んで学ぶよりも、同じ期間で遥かに多くのことを学べるだろうと感じました。また、新卒でも挑戦できる環境があり、あらゆることに挑戦していける。そして自分自身の価値を生み出していきたい、と思ったのが入社の決め手でした。

漫画のようにアツイ仲間と一緒に挑戦し、仕事の枠を超えた人生のパートナーと出会える場所

バレットグループに入社してから常に感じていることは、社員みんなが「この会社の為に何かしたい、貢献したい」と想いながら仕事をしているということです。会社も人を大事にしていますが、ここまで「人から愛される会社」はないと思っています。本当に皆が会社の理念に心から共感し、一丸になって同じ方向を向いている。そしてなにより、仕事の枠を超えた人間関係を築けることがバレットグループの最大の魅力だと感じています。辛いときには手を差し伸べてその重荷を分け、嬉しいときには皆で喜んでその気持ちを何倍にも膨らませる。まるで漫画のように、アツイ仲間と一緒に仕事ができる場がここ、バレットグループです。

技術者からコンサルタントへ経験を積み、次世代に活躍するエンジニアを育てたい。

今はまだまだ駆け出しのエンジニアですが、将来はプレイヤーから教育者になり、市場価値の高い人材を育てたいと思っています。もちろん市場価値の高い人材を育てることは容易ではないですが、「人を育てられる人を育てる」という理念を掲げているバレットグループだからこそできることだと思います。その為にまずは現場で技術を身に着け、プロジェクトマネージャーとして経験を積んでいく。そして、経験や知識からお客様が持つ課題への最適解を導き出せるコンサルタントとして、キャリアを積んでいきたいと考えています。自分が得た知識や経験を次世代のエンジニアに引き継ぎ、「価値を生み出せる人を生み出す人」になることが私のビジョンです。

ENTRY この人と一緒に働きたい!

年齢やキャリアに関係なく、挑戦できる環境がバレットグループにはあります。「どこよりも早い段階」で「成長したい」という想い、バレットグループで挑戦し実現してみませんか?きっと、充実した日々が待っています!

OTHER STAFF 他の社員インタビューを見る